なんでローン
ホーム > 注目 > 自身でしっかりと税金について調べる

自身でしっかりと税金について調べる

不動産物件を売却した時の価格が3000万円以下にしかならなかった場合には、住民税と所得税の課税対象にならない特例がありますので、よく確認しておきましょう。

 

売却価格うちの3000万円が特別控除の適用になるため、課税対象にならないのです。

 

それに、不動産物件の買い換えをして、売却損が出たとしたら、総所得を合わせて計算し、損益通算が適用されるのです。

 

しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件を5年を超えて所有していたこと、それに、住宅ローンが10年を超えるような物件を新規購入したということです。

 

何の運命のいたずらか、住宅を売りに出したら気に入ったという人が早々に現れて話がどんどん進んだ結果、慌てて引き渡さなければという状況になることもあるようです。

 

最後の思い出をドタバタにしないためにも、売却を考えている際は荷物の整理に努めることです。

 

居住中で売り出すつもりなら、出しておく家財道具は最小限にして、使わない品は整理して、ゴミに出したり梱包しておくと、つらい引越し作業もかなり軽減できます。

 

特に問題となることなく、自分のマンションを売った場合、納税の手続きが必要となります。

 

例えば、所得税や住民税です。

 

マンションを売ることによって得た利益には税金が発生します。

 

とはいえ、売ったマンションが自らの居住用で住み替えなどで売った場合には、3000万円を限度とした特別控除、それに、特別軽減税率などのありがたい特例の対象となり、負担が大幅に軽減されます。

 

自身でしっかりと税金について調べ、確定申告をすることで、後日、納めた税金が返還されます。

nagayamatatsuya.com